ようこそゲスト

TAX SIMULATION控除額の上限を調べる

控除額の上限を調べる

ふるさと納税によって税金の控除が受けられる上限金額は、住民税の2割までです。
それよりも多くふるさと納税をした場合、上限を超えた額についてはふるさと納税による税額控除の対象になりません。
また、はじめの2,000円分までは寄付者の負担分となり、税金は減額されません。
つまり、上限金額の範囲内でふるさと納税を行っている限り、2,000円の負担で地域に貢献でき、返礼品がもらえることになります。

控除の上限額をシミュレーションする ※総務省 ふるさと納税 ポータルサイトで提供しているExcelダウンロードにリンクします

給与収入 独身又は共働き※1 夫婦※2又は共働き+
子 1人 (高校生※3
共働き+
子 1人 (大学生※3
300万円 28,000 19,000 15,000
400万円 42,000 33,000 29,000
500万円 61,000 49,000 44,000
600万円 77,000 69,000 66,000
700万円 108,000 86,000 83,000
800万円 129,000 120,000 116,000
900万円 151,000 141,000 138,000
1,000万円 176,000 166,000 163,000
1,500万円 386,000 374,000 370,000
2,000万円 560,000 548,000 544,000
ふるさと納税ポータルサイト【総務省ホームページより】一部抜粋)

※1 共働き:配偶者(特別)控除を受けていないケース(配偶者の給与収入が141万円以上の場合)
※2 夫婦:配偶者(特別)控除を受けているケース
※3 高校生:16歳から18歳の扶養親族 大学生:19歳から22歳の特定扶養親族
※4 中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。