ようこそゲスト

USE of DONATIONSふるさと納税の使い道

使い道

noma-styleを通じて皆様から「ふるさと納税」をしていただいた寄付金は、南相馬市の地域住民から成るNPO法人「相馬救援隊」の活動に使われます。
みなさまからいただいた大切な寄付の使い道は、相馬救援隊を中心に、南相馬市民、自治体職員、そして市外から協力に来ていただいている「相馬志民」とともに考え、日々変化する状況に対応するための原資にさせていただきます。
「今、緊急に必要なこと」「将来的な南相馬の再生に必要なこと」について知恵を出し合い、みなさまの想いのこもった「志金」を、大切に使わせていただきます。

住民帰還促進事業 - 南相馬市小高区

地区の一部のみが避難対象地域となった小高区では、急激な人口減により、医療・日常生活・コミュニティーを維持するうえでの、様々な困難に直面しています。
住民の不足・不便を解消し、日本一住みやすい環境を整備することで、住民に安心して帰還してもらえるための事業を行っていきます。

  • 1. 命をつなぐ、緊急搬送の整備
    緊急対応が必要な患者を運ぶための車両、より高度な設備が必要な患者のための搬送用ヘリコプターなど、命をつなぐための搬送体制を整備していきます。
    2. 高齢者・こどもたちの生活の足の確保
    生活に必要なものを買いに行けない住民のために、商品の配送、移動販売車両や、ミニバスによる地域巡回などのサービスを行います。
    3. こどもの教育・地域との交流
    児童数低下に伴い減少した人とのコミュニケーションの機会を補い、教育水準とコミュニケーション能力の向上を、地域との交流とITCの活用により行います。
  • 住民帰還促進事業 - 南相馬市小高区

    イメージ写真

地域の観光案内・見回り事業 - 南相馬市原町区

南相馬市は、毎年20万人の観光客を集める「相馬野馬追い」や、「梟の城」「戦国自衛隊」など多くの映画の騎馬シーンが撮影されるほど馬と縁のある地域です(映画のエキストラの多くが、自前の馬に乗って撮影にやってくるほどです)。
800年以上に渡る「馬事文化」を活かした観光案内・地域案内と、人が巡回することによる地域交流・セキュリティの向上を目指した事業を行っていきます。

  • 地域の観光案内・見回り事業 - 南相馬市原町区
  • 地域の観光案内・見回り事業 - 南相馬市原町区
  • 相馬野馬追い

馬とふれあう観光事業 - 南相馬市鹿島区

馬事文化の伝統を持つ南相馬市で、実際に馬とふれあう体験を提供することで、南相馬のファンになってもらえるような取り組みを行います。

  • 馬とふれあう観光事業 - 南相馬市鹿島区

    セデッテかしま

  • 南相馬市鹿島区の「セデッテかしま」の近くに、民間の馬専用調教施設ができる計画があります。

    馬の調教施設と市民とが連携し、市民や観光客が直接馬に触れ、食事や休憩も楽しめる場を設けることで、南相馬市での体験のリピーターとなっていただくための取り組みです。

    南相馬市の観光資源である「馬」を中心に地域の活性化を目指しています。

相馬救援隊では、定期的に地域住民との話し合いを重ねています。活動に対する住民からのフィードバックや、日々変化する状況やニーズをもとに、今後もさまざまな地域サービスを市民とともに考え、提供していきます。